安くて人気!ベビーザらス2,999円のベビーカーを徹底調査

ベビーザらス2,999円のベビーカー

ベビーザらスの簡易ストローラー(ベビーカー)は2,999円と激安!普段ベビーカーを使わないけど旅行や帰省の時に使ったり、トランクに積んでおく2台目として簡易ストローラーが欲しい!と考えてるママ・パパには気になるベビーカーだと思います。

座面サイズや幌、持ち手、フレームを調べる

ベビーザらス・ベビーカー
▲ 見た目は2,999円の簡易ベビーカーなので頼りない感じ。安全ベルトは腰部分だけなので急に暴れると危険がありそうです。

ベビーザらス・ベビーカー横幅
▲ シートの横幅は28~29センチほど。

ベビーザらス・ベビーカー奥行き
▲ シート奥行きは20センチ強。

ベビーザらス・ベビーカー縦幅
▲座面から幌までは53センチ。

ベビーザらス・ベビーカー幌
▲ ベビーカーの幌は開けるか閉めるかの2択で段階調節はありません。

ベビーザらス・ベビーカー・幌を閉じたところ
▲幌を閉めたところ

ベビーザらス・ベビーカーの持ち手
▲ ベビーカーの持ち手は、かなりのチープ感ですがメイン使用でなければ気にならないかと思います。

ベビーザらス・ベビーカー背面
▲ 背面からみたところ。ベビーカーの骨組みの強度はそこそこあると思いました。

折り畳み方

① ベビーカー背面の赤い部分を左にスライドさせる

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方

② 左にスライドさせたら次は上に持ち上げる

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方2

③ ベビーカーの持ち手を握り内側に畳む

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方3

④ 全体を前に倒す

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方5

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方4

ベビーザらス・ベビーカー折り畳み方6

アンブレラストローラーの口コミ

ベビーザらス・ベビーカー自立はしない
 自立はしない。

 折り畳んだ時にタイヤが幌にあたるので自作のタイヤカバーなどをつけたほうが衛生的。

 簡易タイプのベビーカーなので使用年齢と体重制限には気をつける(腰の据わったお子様(6、7ヶ月頃)~体重15kgまで)

 セカンドベビーカーとして使うのには充分ですが3.6kgと軽くて作りも簡易なので買い物袋や荷物をかけるとひっくり返ります。注意が必要です。

 荷物入れはついていません

 ディズニーランドへの旅行とか車でおでかけする時とかにはすごく便利です。安いし!

ベビーザらス限定簡易ストローラーは3種類

ベビーザらス限定ストローラー

1番安い2,999円のベーシックストローラーの他に星柄のタイプは3,999円、ミッキーマウスバージョンが5,999円で販売されています。

星柄タイプはデザインの違いの他に、安全ベルトが肩部分も追加されています。

ベーシックとミッキーバージョンの比較

ベビーザらス限定ストローラー・ミッキーバージョンと比較
▲ 価格が2,000円違うベビーザらス限定ストローラーベーシックとミッキーマウスバージョン。ちなみにミッキーの方はサイドファスナーでリクライニングも可能です。

ベビーザらス限定ストローラーのフレーム比較
▲ フレームの作りが全く違いミッキーバージョンの方がしっかりとしたフレームです。

ベビーザらス限定ストローラー持ち手比較
▲ 持ち手のデザインも違います。ベーシックのなんともチープな持ち手に比べるとミッキーバージョンの方が全然良いです。

ベビーザらス限定ストローラータイヤ比較
▲ タイヤのデザインも全く違いました。デザインがミッキーでフレームも丈夫だし持ち手やタイヤの見た目的にも2000円プラスする価値はアリだと思います。

Jeepバギーとも比較してみた

アンブレラストローラーとJeepバギーを比較

Jeepバギーの荷物入れ

アンブレラストローラーとJeepバギーのタイヤを比較

近くにJeepのバギー(9,999円)もあったのでついでに並べてみました。7,000円も違うので当たり前ですがJeepバギーと並べると見た目は全く違いますね。

フレームの作り・シート生地の丈夫さ・安全ベルト・タイヤサイズ・タイヤクッション・荷物入れの有無・押しやすさなど、どれをとってもJeepバギーの圧勝…当たり前ですが。

ですがJeepバギーは9,999円と比較的値段は安いB型ベビーカーの割にはしっかりした作りで見た目もよく、タイヤが大きいので押しやすくておすすめだと思いました。

スポンサーリンク

COMMENT